中学受験へ向けた子供の動機づけ

中学受験にさいして、なかなか小学生である子供が自ら受験したい、またはしたくないという自発的な表現を行うことはないと思われます。
もちろん、勉強の好き嫌いという表現はするはずです。そこで重要になってくるのはやはり、親の考え方、そして子供への動機づけです。
これがうまくいかないことには中学受験はうまくいかないといっても過言ではないでしょう。

では具体的にどうやって子供の動機づけを行っていけばよいのでしょうか。

まずは、受験を目指すことで知識が増え、視野が広がることを教えてあげることです。
学校ではなかなか習えないことを、塾で学ぶことにより、知識が増えると諭せば、意識も高まるでしょう。また、何より分かりやすい動機づけはオープンキャンパスでどんな学校があるのか見せてあげることです。いくつか本人の印象に残るはずです。

学校を見せて、体験させることで地元の学校とのよい点、悪い点が自分なりに見えてくるものです。正直、これでも受験に対して前向きになれないようであれば、あまり受験には向いていないのかもしれません。
勉強の、好き嫌いよりもその学校の雰囲気や校風に合わないということになります。
こうした場合は、本人のためにもならないので無理な中学受験の塾選びなどはストップしたほうがよいかもしれません。愛媛県行ってみない?