中学受験では滑り止めは必要?

中学受験をするにあたって、受験する中学を選ばないといけませんが、そのときにはいわゆる滑り止めは受けた方が良いのでしょうか?

これは親や子供の気持ちにもよります。
滑り止めであってもそこしか受からなかった場合に進学する意思があるならば、そこを受ける意味はあるでしょうけど、そこに行く気がない、または行かせたくないのに受ける意味はあまりありません。そこに行くくらいならば公立の中学に行くとか、そういう気持ちがあるならば、受けなくても良いと思われます。

中学受験は最悪の場合、公立中学に進学するという保険があるので、滑り止めを受けないことが無謀とは言えないのです。
だから、その保険である公立中学よりも行きたい、または行かせたいと思える学校があって、そこが子供の学力からいって滑り止めとして機能するならば、そこを受ける意味はありますが、そういう学校がないならば、中学受験では行きたい学校、行かせたい学校だけを受けていくという選択でも構わないでしょう。

大学受験のように、受験した学校が全部落ちたら行くところがないというような状況ではないので、保険が存在している中学受験では、あえて滑り止めという保険をかける意味は薄いということはあると思います。愛媛県行ってみない?